ホワイトなアルバイトの見分け方

一般的に、肉体労働や飲食店のアルバイトはブラックバイトといわれます。アルバイトの求人にこれらの仕事が並びかつ目立つのは、年齢や学歴不問など、誰にでもできるという「良いキャッチがたくさん並ぶ」からです。また、人の入れ替わりが多いために、求人を募集する回数が多くなるケースもあります。肉体労働や飲食店のアルバイトを辞める人の多くは、体がきついほかにも、研修の時間は給与がもらえないなど、勤務外のラインが曖昧という不満を多くもっているようです。そもそも、ホワイトなアルバイトであれば人員の入れ替わりがあまりなく、求人もそれほど頻繁にはでていない傾向にあります。
ブラックとホワイトのラインは曖昧で、人によるという部分もあるようです。いい仕事=ホワイトと評価されているのは、ミステリーショッパー・郵便局の内勤・ネットカフェなどが挙げられます。実は、飲食店にもいいと評価されている店舗は多数あるのです。引っ越しのアルバイトも、ホワイトと評価する人が多くいます。注意しなくてはいけないのは、引っ越しのアルバイトのように、大部分がいいと評価する仕事も、人によっては嫌な仕事であるということです。
ネット上の評判は、良いことよりも悪いことが目立ちます。投稿する人も、褒めるためにわざわざ投稿することはなくても、悪口をいうためなら簡単に投稿するのです。つまり、ネット上の評価は、悪い方に偏りがちといえます。その点に注意して、自分が良いと思ったらそのアルバイトしてみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です